結婚相談所で慌てないよう、結婚の知識について詳しく丁寧に解説するサイト『結婚相談所で慌てない!結婚式の知識』

●●●お金●●●

【内金】

挙式や披露宴会場などを予約するときに会場側に支払う、代金の一部となるお金のことです。
金額は5万〜25万円程度でしょう。
内金で支払ったお金は費用の一部に充てられ、後日差し引いた分を精算します。
予約をキャンセルした場合は、キャンセル料になることもあります。

【お祝返し】

結婚祝いのお返しのことで、披露宴に呼ばなかった人から頂いた結婚祝いには、式後1ヶ月
以内にお祝返しするのがマナーです。
表書きは「寿」「内祝い」とし、地方や慣習によって半返しや1割返しなど金額は異なり
ますが、半額程度のものを返すのが一般的です。

【お車代】

仲人や主賓などに交通費として包むお金です。
自宅から会場までの距離に応じて、五千〜1万円程度が目安でしょう。
この金額はあくまでも目安とし、状況に応じて臨機応変に対応します。
先方との相談によりハイヤーを手配した場合は渡す必要はありません。

【心付け】

挙式や披露宴に関わる人に渡すお礼のことです。
祝儀袋に新札を入れて用意し、介添の人や着付のスタッフなど、結婚式で当日お世話になる
人へ幸せのお裾分けとして渡します。
金額は三千〜1万円が一般的です。
会場によっては規則で受け取ってもらえないところもあるので、そのような場合は代わりに
お菓子などを渡します。
金額も渡すものも、臨機応変に対応しましょう。

【ご祝儀】

式に招かれた人が持参する結婚のお祝い金です。
表書きは「内祝い」「寿」です。
お返しには半額程度の品物を返しますが、最近ではカタログギフトも人気です。